前置き 


Ample Soundのアコギ音源の音が
なかなかリアルで気に入ってたのですが、



一つ問題点が見つかりました。


問題点


問題の音源は「AMPLE GUITAR T II」
Taylor 714 CEのピック弾きアコギ音源です。

その問題点ですが、これを聴いてみて下さい。



途中で「カチ」とノイズが聴こえると思います。

前半と後半で全く同じMIDIデータを使用しております。

音程は同じ箇所ですが、タイミングが違います。

ランダムにサンプルが再生されてると思いますが、
そのサンプルの一つにノイズがあるようですね。

何の音でしょう・・・

ピックがネックに当たった音でしょうか?

いずれにしても邪魔ですね。


回避策


残念ながら、
このサンプルが再生されないようにする方法はなさそうです。

NIのKONTAKTとかなら
自分で修正も出来るかもしれないんですが・・・。

という訳で、回避策を模索しました。


発生するタイミング


どういう動作で発生するかが把握できれば
その操作を避けることで問題を回避できます。

サンプルに問題があるなら
サンプル・ライブラリーを変えればいいのでは?

と思って検証した結果、正解でした!

AMPLE GUITAR T IIにはサンプル・ライブラリーが
Strum」と「Pick」の2つあります。

問題が発生したのはStrumの方なので、
Pickに変えてみました。

因みに、Strum Mode ToggleはONです。
これは、コード弾きするモードです。



いかがでしょうか?

ノイズ、なくなりましたね。

という訳で、回避策

AMPLE GUITAR T IIを使う際は、
サンプル・ライブラリーは「Pick」を使いましょう!


他の音源では?


他にも2つアコギ音源があります。

AMPLE GUITAR M II:Martin D-41の指弾き音源。

AMPLE GUITAR L II:Alhambra Luthierクラシックギター音源、ピックと指弾きあり。

この2つでも試してみました。

AMPLE GUITAR M II、Strum


AMPLE GUITAR M II、Pick


AMPLE GUITAR L II、Pick


AMPLE GUITAR L II、Finger


いずれも問題なさそうですね。

ただ、
全ての音程やヴェロシティーでの検証をしたわけではないですので、
その内問題が見つかるかもしれません。

その時はサンプル・ライブラリーを変えて対応しましょう。


まとめ


サンプル・ライブラリーを変えることで
ちょっと質感は変わりますが、背に腹は代えられないです。

それよりノイズの方が問題なので、
質感はミックスで何とかする方向で!

ウクレレも欲しいなぁ・・・。


AMPLE SOUND/AMPLE GUITAR 4 IN 1 ACOUSTIC BUNDLE【オンライン納品】【在庫あり】



AMPLE SOUND/AMPLE GUITAR M II【数量限定キャンペーン】【オンライン納品】【在庫あり】



AMPLE SOUND/AMPLE GUITAR T II【数量限定キャンペーン】【オンライン納品】【在庫あり】



AMPLE SOUND/AMPLE GUITAR L II【オンライン納品】【在庫あり】