始めに


UVI World SuiteのWEST INDIES(カリブ・西インド諸島)の楽器についてです。
ラテン(カリブ系)・レゲェ等といった音楽ですね。
ラテンといっても幅広く、サンバやサルサといったジャンルは南米にカテゴライズされます。
なぜかキューバ系も南米にカテゴライズされてます。注意が必要ですね。

収録楽器(通常のパッチ)


弦楽器
Requinto レキント
West Indies Bass ベース

打楽器、打弦楽器
Steel Drums スチールドラム
Steel Tongue Drum スチールタンドラム
Sun Drum サンドラム



収録楽器が多くループ素材もたくさんあるため、サンプル音を掲載する楽器は厳選します。
また、トラベラー機能はサンプル素材が同時に再生できる機能といった感じですので、ここでは割愛します。
悪しからず。


ルーツについてや知識的なアレコレ


カリブ諸島はスペインが占領していた時期があり、且つアフリカから奴隷が連れてこられたという歴史的経緯もあり、音楽的にも影響があったと考えられます。
リズム(グルーヴ)はアフリカンなものがカリブで変化したものが多いのではないでしょうか。

ラテンというのは「イベリア(系)の」という意味らしいです。イベリアとはスペイン・ポルトガルがある半島であり、スペインの影響が強いカリブ諸島の音楽もラテン音楽に属します。レゲェとか。


弦楽器


Requinto レキント

Requintoとは、 スペイン語とポルトガル語で小型の楽器のことを指すようです。
スペインおよび中南米で使用される楽器。
通常一般のクラシック・ギターより5度高く調弦される。
普通のギターと合奏する際は、主旋律やオブリ等を演奏することが多い。

打ち込み


ピック引きと指引きがあります。デモ音源は指引きです。
フレットノイズは勝手に入ります。

West Indies Bass ベース

普通のエレキベースの音って感じです。
イラストを見る限り、ホロウかセミホロウ・タイプのボディーですね。その為、一般的なソリッド・タイプの物よりはふくよかな音な気がします。


打楽器/打弦楽器


Steel Drums スチールドラム

スティールパンとも言います。
カリブの島国トリニダード・トバゴ共和国で発明された。
ドラム缶を加工した打楽器で音階があるのが特徴的。音域が違う物が数種類存在するが、収録されている物は1種類のみです。

打ち込み


普通に使える音です。これで音域が違う物がいくつか収録されていればなぁといったところ。

日本人アーティストによる実際の演奏。


Steel Tongue Drum スチールタンドラム

タンクドラム、またはハンクドラムとも言います。
金属(steel)を丸く加工して切り込みを入れた打楽器で、その切り込みが舌(tongue)のようなため、スチールタンドラム(tongue drum)と呼ばれる。
マレットや手で叩いて演奏する。
ペンタトニック音階に調整されることが多いが、ダイアトニック音階やクロマチック音階にも調整できる。

打ち込み


Sun Drum サンドラム

木製の打面に切れ込みを入れ、音階を調整してある打楽器。
打面にある溝に金属のパーツがあり、それを動かすことで音程を調整できる。
指やマレットで演奏する。
アフリカ楽器(バラフォンやムビラなど)を素に作られたらしい。

ループ素材~打ち込み


詳しくは「はたけやま 裕」さんのこの動画を見よ!



ループ素材


ドラム・パーカッション系がやはり多く、それ以外はエレキベースのみとなっております。
パーカッションはコンガ、クラベス、シェイカー等といった良く知られている物から、Tanbou KaやTi Bwa等という読み方すらわからないものまで。
あとは普通のドラムの素材です。

ちなみにTi Bwaってこんなの。


コンガやシェイカー等は南米のカテゴリーにもありますし、ジャンベもあります。これらはグルーヴでカテゴライズされているのだと思われます。
ループ素材は楽器を指定することは出来ないようなので(UVI WORKSTATIONを使用)その辺はプレイバック・エンジンの残念かもですね。ファルコンにすれば出来るのかなぁ?

トラベラー機能もあります。


まとめ


この地域の民族楽器はラテン系のパーカッションが多いようですが、それらは南米のカテゴリーに収録されてます。なので収録楽器の種類は少ないです。
そんな中、Sun Drumという収録されている音源があまり無さそうな楽器があるのがうれしいポイントです。

ループ素材の質はとても良いですし、トラベラー機能は勉強にもなります。