始めに


アフリカの楽器についてです。

収録楽器(通常のパッチ)


弦楽器
African Guitars アフリカン・ギター
Kora コラ
Ngoni Donso ンゴニ・ドンソ

管楽器
African Flutes アフリカン・フルート
Bamboo Saxophone バンブー・サクソフォーン

打楽器
African Large Drums アフリカン・ラージ・ドラム
African Percussions アフリカン・パーカッション
Balafon バラフォン【旋律打楽器】
Udu ウドゥ

サムピアノ
Karimba カリンバ
Mbira ムビラ
Sanzas サンザ



収録楽器が多くループ素材もたくさんあるため、サンプル音を掲載する楽器は厳選します。
また、トラベラー機能はサンプル素材が同時に再生できる機能といった感じですので、ここでは割愛します。
悪しからず。


弦楽器


African Guitars アフリカン・ギター

Afro Steel Guitar、Roots African Guitar、Tchad Nylon Guitarの3種類があります。
スチール弦、ナイロン弦は民族楽器というより普通のアコギって感じですが、Roots African Guitarは不思議な音色で弦の素材もちょっとわからないです。


Kora コラ

アフリカの西部(セネガル、ガンビアなど)で使われているハープ。
楽器を膝に乗せ、ボディーについてる2本の棒を両手で持って楽器を支え、親指と人指し指で弦をはじくという珍しいスタイル。
ブリッジがギターのように横ではなく、左右二列の縦長となっている。
オーケストラで用いられるハープの原型とされる。

打ち込み → ループ素材


打ち込みとループ素材では結構音が違います。ほんとに同じ楽器なの?って感じですが、民族楽器(特にアフリカの楽器)は楽器毎に形や大きさが異なっていて音色も異なる、みたいな気がしますので音が違うのはそういうものだと思っておくべきかもしれませんね。


Ngoni Donso ンゴニ・ドンソ


Ngoni DonsoNgoni Roots Harpの2種類がありますが、注意すべきパッチです!

Ngoni Donsoは、どうやらDonso Ngoni ドンソ・ンゴニとは異なるっぽいです。
それとは別にNgoni ンゴニという楽器があります。

違いは以下の通り。

Donso Ngoni ドンソ・ンゴニ:ハープのようなスタイルで演奏する。西アフリカ(マリやギニアなど)の弦楽器。
Ngoni ンゴニ:リュートの仲間。バンジョーの祖先という説もある。

パッチを読み込んだ時のイラストはどちらもNgoni ンゴニのイラストになっております。しかし、Ngoni Roots Harpはハープとあるので以下の様に推測します。

Ngoni Donso = Ngoni ンゴニ(リュート系)
Ngoni Roots Harp = Donso Ngoni ドンソ・ンゴニ(ハープ系)

以上、あくまでも個人的な推測です。詳細はわかりかねます。

また、地域や部族によって形状や呼び名が異なるようです。

打ち込み(Ngoni DonsoNgoni Roots Harp


※Donsoは狩猟を意味します。


管楽器


African Flutes アフリカン・フルート

Majingu Flute、Djafe Flute、Goat Fluteの3種類があります。

詳細は不明!


Bamboo Saxophone バンブー・サクソフォーン

竹でできたサックスかな?

詳細は不明!


打楽器/打弦楽器


African Large Drums アフリカン・ラージ・ドラム

以下の地方の太鼓が含まれます。

Beninese Drum:ベナン(西アフリカ)

Guinean Baga Drum:ギニア(西アフリカ)
Guinean Baga Kobo:ギニア(西アフリカ)
Guinean Toma Drum:ギニア(西アフリカ)

Malian Drum:マリ(西アフリカ)

Ouagadougou Drum:ブルキナファソ(西アフリカ)

Tanzanian Drum:タンザニア(中東アフリカ)

Togolese Drum:トーゴ(西アフリカ)

Zairian Drum:ザイール(中部アフリカ)

音の質感はとても良さげ。


African Percussions アフリカン・パーカッション

Djembe ジャンベ、African Misc Percssions(その他のアフリカン・パーカッション)の2種類があります。

Djembeは良く知られていると思います。
木をくりぬいて獣の皮を張った太鼓。西アフリカで使われる。

打ち込み → ループ素材




African Misc Percssionsは以下が含まれます。

Mix Menu:複数の楽器が割り当てられている。
Cruche:水差し(水瓶)を叩いて演奏する。
Talking Drums:西アフリカの太鼓。片面太鼓や砂時計型、円筒形の両面太鼓など様々な形状がある。
Fedounoum:?
Tchangoche:?
Rattle:ガラガラ。振って音を出すパーカッション。
Shekere:シェケレは西アフリカ発祥の楽器。カバサと同じ構造。
Body Bells:ベル。詳細不明。
Wood Rain Stick:筒状の楽器で傾けると雨のような音が鳴る。
Plastic Rain Stick:筒状の楽器で傾けると雨のような音が鳴る。


Djembeに限らず、打楽器系は打ち込みでもそれなりに良い質感で再現できそうな気がしました。


Balafon バラフォン【旋律打楽器】

西アフリカの木琴。
木片の下にヒョウタンをぶら下げて音程を共鳴を作りだす構造。

打ち込み → ループ素材


音程がわからない!


Udu ウドゥ

ナイジェリア(西アフリカ)近辺の楽器。
ウドゥは ナイジェリアのイボ・ハウサ族の言葉で壺(つぼ)の意味。
壷の腹に穴が開いており、そこを手の平で叩いたりして演奏する。

打ち込み



サムピアノ


Karimba カリンバ

木の板に付いた細い金属棒を弾いて演奏する。
サムピアノ(thumb piano)、ハンドオルゴールともいう。
大きさや形、金属棒の数もまちまちなので、楽器ごとに音色や音程が異なる。
しっかりした音程を持っていない物がほとんどである。


Mbira ムビラ

ジンバブエ(南部アフリカ)のサムピアノ。
木の板に鉄の棒を装着したもの。カリンバと似たような構造である。
ムビラの大きな特徴は、板の下部に数個のボトルキャップが取り付けられていることである。これが震えて独特なノイズ音が付加される。

オルゴールの原型となった楽器である。


Sanzas サンザ

コンゴ(中部アフリカ)のサムピアノ。
カリンバの仲間のような物。


収録されてるループ素材


打ち込み用のパッチにはなかったコンガやカウベル、シェイカー等、パーカッション系がたくさんあります。
アフリカンと言えばパーカッションですからね。

それ以外にもエレキギターやエレキベース、ドラムなどもあり、ざっと聴いた限りでは普通にポップスに使える感じのフレーズでした。
それとエレキギターの中に「Reggae-Ska」と名の付いたフレーズもありました。なぜアフリカのカテゴリーの中に・・・?
聴いてみると所謂裏打ちのリズムではなく、レゲェで使えそうなフレーズって感じでした。

ボイス系のフレーズ集もそれなりにありますので、うまく使っていきたいですね。


まとめ


(アフリカに限らずですが)音程が不安定な楽器が多いと思いました。打ち込みで再現するのは苦労しそうですね。

それと、フレーズ集やYouTube等で聴いた実際の音と打ち込み用の音の質感が結構違っている印象でした。
それでも打楽器系は打ち込みでもそれなりに良い質感で再現できそうな気がしました。
正直打ち込みはしづらいですが、そこは目をつむりましょう。

詳細不明な楽器もありました。誰か教えて~!

他にもアフリカの楽器は多数あります。
さすがに網羅出来てませんね。軽く調べただけでも倍以上あります。
どこまで集めようか・・・(^^;