先日、HDDがダメになりました。
これを機にPCのスペックアップを実行しました!

これまでは
OSの入ってるディスクはSSDではあるものの、
データ用のHDDが2台(片方が故障)に
CPU:Core i3 4330、
メモリ:16GB
といった感じで
昨今のDTMerにしては心許ない状況でした。


新スペック


壊れたHDD → SSD
Intel Core i7-8700
マザーボード:ASUS TUF Z370-PLUS GAMING
メモリ:64GB
USB3.0x4増設


SSD


今回はこれをチョイス!



他にもっと安い物もありますが、
Western DigitalのSSDは東芝製NANDチップを内蔵していて
サムスンよりも高品質らしいので。

3万円台のも登場するとか・・・?

因みに、M.2接続でSSDがNVMeだと超高速になるらしいですが、
その分消費電力と発熱がヤバイらしく、
放熱するための機器も購入しなきゃなんないようなのでSATAを選択。

接続もM.2じゃなくて、
従来通りケーブルで繋ぐスタイル。


CPU


自分はOCしない予定ですし、そもそも無理させなくても
十分すぎる速度が出るだろうと思ったので、これにしました。



マザーボード


CPU交換によりソケットが変わったのでマザーボードも交換。

個人的には耐久性重視で選びたいので
名前からして耐久性の高そうなこれ。

実際、耐久性が売りのようですし、ちょうどいい!



メモリ


マザーボードの交換によりDDR3からDDR4になりましたし、
16GBから64GBにするため16GBのメモリを4枚購入!



CrucialはメジャーブランドのMicron製のチップが
使われているので信頼性もありますね。


USB拡張ボード


今までPCIスロットにUSB拡張ボードを搭載してたのですが、
新たなマザボにはPCIスロット無し。

そのため、PCIe用のUSB拡張ボードも購入!



USB2.0からUSB3.0にもなりました^^

これはそんなに高くないですし、ポートも4つある。

挿すだけじゃ電源が供給されないのでケーブルの取り回しが厄介ですが、
まぁ大した問題ではありません!


CPUクーラー


CPUクーラーが少し前のモデルであったため
LGA1151の形状に対応してる記載が無く焦りましたが、
CPUクーラー発売当時にLGA1151はなかっただけで
普通に装着できるようでした^^;

よかった、よかった。


いざ、起動!!!


諸々動作安定!

不具合無し!

CPU温度30~40℃で安定!
(色々ソフトのダウンロード&インストール時)

スペックアップによる速度変化はまだ体感できてませんが、
これでオーディオ書き出しとかの待ち時間が減って
効率アップ間違いないはず!

これからも細目にオーディオ化したりフリーズしたり
負荷は極力かけないようにしていくと思うので
きっと快適な音楽ライフが僕を待ってるはず♪


おまけ


SSDの箱を空けたら
2.5→3.5インチ変換マウンタが付属されてなかった。

電源ボタン押しても無反応。
マジか!と思ったら電源ケーブル挿し忘れ^^

電源投入後、画面が無反応。
マジか!と思ったら電源を入れてない方のモニタと繋いでた^^