前置き


著作権フリーBGM・効果音素材などを販売・配布するサイトはいくつかあります。

Audio Stock(オーディオストック)
DOVA-SYNDROME(ドーヴァ・シンドローム)
 ・・・等

このようなサイトに楽曲を登録する際は、審査があったりします。
クオリティー云々や登録方法の問題などで落とされたりしますね。

そんな落とされる理由の中でノイズの混入というのがあります。

自分は登録前にノイズチェックを入念にやっております。



そんな中、いつものようにノイズチェックしていたら
クリックノイズを発見しました。

早速修正しようとしましたが、
どのトラックもクリックノイズなんかありません。

これ如何に!

そんなノイズの隠れた発生原因の一つをご紹介したいと思います。

因みに、WAVESのH-Delayがノイズの原因だという記事を以前書きました。
http://www.kobat-music.com/article/453191201.html

これも要因の一つですが、今回はそれとは別のお話です。


原因究明


ノイズの確認


まずは制作した楽曲のノイズ発生した部分を聴いてみてください。
ヘッドホンやイヤホンを推奨します。
フラットでそれなりに良いやつを使って下さいね。



0:02辺りの小節頭のところで「カチ」みたいなノイズが聴こえましたでしょうか?

聴こえたら次です。


各トラックのチェック


では、各トラック毎にソロにして聴いてみましょう。

クリックノイズの音の帯域的に高音域の方でしたので、低音パートは除外します。
また、ドラムはループ素材とシンバルの2トラックを使っております。

アコギのバッキング


アコギのメロディー


アコピ


エレピ


ドラム・ループ


シンバル


クリックノイズは聴こえましたでしょうか?
聴こえないという人もいると思います。

そう!聴こえないのです!!!

そういう場合、次に気にするのはこんな事です。


トラックの組み合わせチェック


各トラックに問題がなさそうな場合、次に疑うのはずばり
トラック同士の干渉によるノイズです。

まずはざっくりとしたカテゴリーに分けます。

アコギ(メロディーとバッキング)
ピアノ(エレピとアコピ)
ドラム

これらの組み合わせで聴いてみましょう!

アコギ群


ピアノ群


ドラム群


お、ドラム群で聴こえましたね!

そうです!犯人はドラム群の中にいるのです!!!

という訳で、ループ素材とシンバルの音の干渉が原因のようですが、
では、ドラムの何の音が悪さしているのでしょうか?

もう既にお気づきの方もいらっしゃるかとは思いますが、
音域や音色的におそらく金物系だろうということは想像に難くないでしょう。

ハイハットかシンバルか・・・。

ここで問題が・・・
ドラムはループ素材を使ってるのでハイハットだけを抜き出すことができません。

なので、シンバルを抜いた2Mixを効いてみましょう。



ノイズが消えましたね。これで犯人が分かりました。

犯人はシンバルです!


修正方法


簡単な方法は、上記のようにシンバルを抜くことですが、
そこにはシンバルが欲しくて入れたので、この対処法は論外です。

それ以外の思いつく対処法は4つあります。

フィルターで高域カット
シンバルの位置をずらす
シンバルの音圧を上げてノイズをかき消す
シンバルの音色を差し替える

では、やってみましょう!

フィルターで高域カット。

※ 6500Hz以上をカット。

シンバルの叩く強さを変えてノイズをかき消す感じ


シンバルの位置をずらす

※ 10Ticks後ろにずらしました。

シンバルの音色を差し替える

※ 前半に差し替えたシンバルを入れておきました。



いかがでしょうか?

ノイズ、消えましたね。

いずれかの方法で解決です\(*^▽^*)/

フィルターで高域カットすると雰囲気変わるとか、シンバル大き過ぎだとか、
まぁ色々あると思いますので、
後は個々の楽曲の雰囲気に合わせて好きな対策を施せば良いと思います。


まとめ


ノイズの発生原因についての一例を紹介しました。

ノイズが分かりやすいように少しミックス・バランスはいじってはいますが、
作業してる時はもう少しノイズが小さかったです。
これを解決するのに数時間もあーだこーだやってました(*´ο`*)=3

オーディオストック等の審査対策にもなりますし、
「ノイズなんかないぞ!」とクレームつける前に確認すべきポイントではないでしょうか?

まぁそれは、作り手側がどう思おうが買い手側から見てノイズなら
「ノイズあるじゃねーか!」ってな事になりますし、
オーディオストックとしてもそんなクレームが来たら面倒くさいでしょうから、
ある意味リスク回避みたいな物ですね、たぶん。

因みに、録り音が悪いとかミックスがヘボいとかは話が別ですので。